続・大掃除!

31日13時9分現在、未だ事務所の掃除をしております。


床のワックスがけに手間取っております。


肝心の物件整理は手付かず・・・。


このままでは元旦から出社しなければなりません。。。

大掃除

本日は事務所の大掃除です。


さすがに今日は、掃除に集中できるはず!


年末はきっと暇だろう・・・という予想は外れ、意外にも大忙しでした。


そこで、本日は冬季休業にも限らず大掃除のために出社。


新年に備えて綺麗にします。

統計の使い方
埼玉県警察運転免許センター
本日は、運転免許を更新するために埼玉県警察運転免許センターにきております。

前回の更新はゴールド免許だったため、近所の東入間警察署でできたのですが、今回は鴻巣まできています。

とにかく遠い。

しかも、講習を2時間も受けねばなりません。

ヤバいです。
-----------------
sent from W-ZERO3
長身は損か得か

身長188cm、体重80kgです。


大男です。


本日、朝一で銀行に通帳記入しに行ったところ、年末の25日なので非常に混んでおりました。


ATMにならんでいたところ、私の前に並んでいた高齢の男性に話しかけられました。


「あなたは、随分と背が高いですねぇ。身長はどれくらい?」


身長を答えますと、大層関心しておりました。


ついでなので、名刺を渡させて頂きました。


大男の不動産屋だから、きっと忘れないでいてくれることでしょう。(得)


午後になって某銀行の支店長さんが担当の方とともに年末の挨拶に来てくれました。


やはり、私の体格に感心しておりました。


普通、初対面だと共通の話題に困るのですが、私の場合、相手が身長の話を振ってくれるので楽です。(得)


パターンが決まっていますからね。


ただ、私は人の顔を覚えるのが苦手です。


相手が私を覚えていても、私は相手を覚えていないことが多々あります。(損)


困ります。


ところで、地元の不動産屋さんの中には「地域一番の不動産屋!」とかの幟を立てているお店が多いのですが、さすがに開業1年にも満たない私が「地域一番」をキャッチコピーにするのは心苦しいです。


嘘偽りの無いところで、地域で一番高い動産屋!あたりならおそらく許してもらえるのではないでしょうか。(笑)

予測不可能なリスク

自社で新しい事業を展開する場合、自社の責任において事業展開の準備を整え、実施します。


この場合、準備段階におけるリスクはある程度予測できます。

(実際に事業を実施してからはマーケットリスクがあるので、別です。)


しかし、新しい事業の主要部分の準備を他社に委託した場合のリスクは予測不可能です。


平成20年1月より、弊社は売買仲介に注力することにしました。


既に売買仲介業務は何件かこなしているのですが、本格的にインターネットを利用した売買仲介業務を開始しようと目論んでおりました。


そのために、平成19年9月あたりから、某企業(?)にホームページの作成を依頼し、今月に入り、そろそろ完成してもらわなければ困るので、担当者に問い合わせたところ・・・まだまだ時間がかかりそう。


※(?)と疑問を投げかけたのは、対応が企業として(?)だったからです。


信じられません。


新年の新聞にホームページ公開の広告折り込みを入れる予定だったのに、準備が全くの無駄。


とりあえず、自社でできることは?


ke


掲示物件を全て売買物件にしました。


それ以外に何をすれば・・・。


sin


信用を失えば・・・きっと失うものは大きいと思います。

眼鏡市場 ふじみ野店
上尾の物件

某店頭公開企業(古い!今はJASDAQ)から、物件の照会を頂戴しています。


弊社の強みであるフットワークの軽さを重宝がられております。


インターネット不動産屋ですが、結局は“動いてナンボ”の世界ですからね。


いまでは、2時間(往復の時間込み)で上尾某所の賃貸住宅事情を把握してこられるまでになりました。裏道とカーナビを駆使しております。


とにかく、時間との勝負ですからね。


ただ、その近辺は依頼を受けた間取りの物件が少ないんです。


御紹介できた物件は1件しかありませんでした。


引き続き探しておりますが、苦戦しています。


なんとかもっと良い物件を紹介できるように頑張ろう!

心訓
祝!YAHOO!上位表示
光るセンス
ねんきん特別便発送開始!

ねんきん特別便社保庁発送を開始」(asahi.com)

基礎年金番号に統合されていない「宙に浮いた年金記録」5000万件の対策として、社会保険庁は17日、公的年金の加入者や受給者に記録を確認してもらう「ねんきん特別便」の発送を始めた。これまでに割り出された1100万件の持ち主とみられる850万人から順次、郵送する。


 委託を受けた東京都福生市の印刷会社の工場では、1万通ずつ荷造りされた特別便がフォークリフトでトラックに積み込まれ、郵便局に向けて運び出された。この日は2工場から約30万通が発送され、数日中に届く見込み。社保庁は宙に浮いた年金記録の持ち主とみられる人には来年3月までに発送、それ以外の人を含むすべての加入者や受給者約1億人に来年10月までに送る予定だ。 (抜粋)


本当は、時事ネタって会社のブログには書きたくないのですが、まぁ、多かれ少なかれ大多数の国民が感じていることだから、書いてしまいます。


約1億人に発送予定って・・・50円×1億円で、送料だけでも50億円の支出予定ですよね。


印刷費用、人件費、返送されてきたハガキのデータ照合等々・・・。


いったい総額でいくらかかるんでしょう。


この辺を試算して欲しいなぁ。


そして、今やっていることが本末転倒であることを、数字で示して欲しいなぁ。


これだけ莫大な税金を投入して「名寄せができませんでした!」とバンザイをするのが目に見えているのは私だけでしょうか・・・。