スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねんきん特別便ネタ・・・これはもう国をあげた冗談。笑うしかありません。

いきなりですが、うちの母親が怒っておりました。


ねんきん特別便が時期を異にして、2回到着したそうです。


1回目のねんきん特別便を受けて、すぐに川越の社会保険事務所に出向いていったところ、年金記録に誤りがあり、若干年金額が増えたそうです。


そして、最近配達された2回目のねんきん特別便を受けて、再度社会保険事務所へ・・・。


親としては、またまた年金記録に誤りがあって、またまた受取額が増えるのだと淡い期待をしていたことでしょう。


ところが・・・、わざわざ川越まで、出向いていって、散々待たされた挙句、同じ通知だということを、社会保険事務所の職員様に知らされたそうです。


なんで、2回も同じものを!?紛らわしすぎる!ということで、周囲の人を巻き込んで抗議したそうです。


それにしても、1通80円はかかる送料を惜しげもなく2回もお支払いになるとは、我が日本国はなんという太っ腹なのでしょう。。。 しかも、かなり解りにくい文面らしいですね。


でも、社会保険事務所の職員様にすれば「2回も郵送してやって、きちんと読まずに2回も来るほうが悪い。しかも、内容が解らないだと?そんなのは、解らない方が悪いのだよ!」ということなのでしょう。


結論:中期高齢者 (笑)の両親をあまり苛めないで下さいね。・・・っていうか、初期中年者 の私達にちゃんと年金を支払って下さいね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。