スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
農地法5条転用許可
近日中に売買仲介させて頂く物件。

今から20年以上前に農地法5条の転用許可を受けております。

農地法5条の転用許可というのは、「農地を農地以外のものにするため又は採草放牧地を採草放牧地以外のもの(農地を除く。次項及び第四項において同じ。)にするため、これらの土地について第三条第一項本文に掲げる権利を設定し、又は移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が都道府県知事の許可(これらの権利を取得する者が同一の事業の目的に供するため四ヘクタールを超える農地又はその農地と併せて採草放牧地について権利を取得する場合(地域整備法の定めるところに従つてこれらの権利を取得する場合で政令で定める要件に該当するものを除く。第四項において同じ。)には、農林水産大臣の許可)を受けなければならない。」という定め。

簡単にいえば、農地を住宅建設目的(農地以外のものにする目的)で売買したり賃貸する場合に農業委員会に許可申請しなければならないのです。

しかし、よくあるのが農地法5条の転用許可は受けたものの、登記簿上の地目変更がされていない!

今回の売買物件も、案の定。。。

地目の変更登記をしてから決済します。

たまには、不動産屋っぽい記事をアップしてみました。

テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。