スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
議論について
議論の前提が違う議論ほど無駄なものはありません。

例えば以下のような会話。

A「シャワーの水栓をきちんと閉めないと、シャワーから少しずつ水が出てしまって勿体無いよ。」

B「それくらいの水の量では、メーターが反応しないのだから、気にしなくてもいいでしょう?」

A「水道料金の話はしていないよ。水資源の話だよ。」

B「俺だけが、少量の水を気にしても仕方ないだろう!」

A「それを言ったら、世の中の節電やら省エネやらの話は全部無駄になってしまうね。」

B「キーッ!」

と、こんな感じの会話では、全くかみ合わないし、Aさんの意見が正しすぎるのでBさんは感情的になってしまいます。

また、議論の目的が違う場合はもっと無駄です。

議論の目的が、結論を出すこと(もしくは落としどころを見出すこと)ではなく、「言い負かすこと」であった場合などは、その場で話しを切り上げるのが利口です。

私の場合「それでは、あなたの方が正しいのかもしれませんね。勉強になります。」と言ってあげて議論を止めてしまいます。

その場で相手を言い負かしても、相手の考えを変えられるわけは無いのですから。

先の例でいえば、Aさんはこう言えばよかったのかな?

「水を出しっぱなしにすると、お風呂がカビちゃうから、水栓はキッチリと締めてくださいね。」

Bさんは、きっと「はい」と素直に応えることでしょう。

Bさんは、とても素直でいい奴だからです。

因みに、Aが私の妻で、Bが私という訳ではありません。。。

※血液型は夫婦夫々のそれと一致しております。。。

テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。