LEDとPSE
環境活動を推進しているNPOにLEDに関する知識が豊富な方がいらっしゃいましたので、LED導入について相談しました。

「LEDなら何だっていいです。安ければいいです。なんなら、明るくならなくてもいいです。中国製でも台湾製でも産地はこだわりません。産地偽装だってかまいません。多少トリミングに問題があっても、美味しければかまいません。」

と(冗談で)言ったら、その方はこう言いました。

「この写真をご覧下さい。」↓

nopsi

「これはPESマークを取得していなかったLEDが発火した写真です。どうです!怖いでしょう。安かろう、悪かろうでは駄目なんです!これからはPSEマークのついていない家電なんか買ったら、全て発火しますよ!テレビだって、洗濯機だって、冷蔵庫だって、ドライヤーだって、電気を使用するものは全てPSEです!キャリーだってPESマークがついていれば発火しなかったんですから。ビン・ラディンだってPSEマークがついていない家電を発火装置としてあちこちにしかけてまわったんですよ。」

pse

PSEマークというのをご存知でしょうか?

Product+Safety+Electrical appliance & materials

電気用品安全法によるものだそうで。。。よく知らないけど。

…と、いうことなので、PESマークがついたLEDを導入することにしました。

ついでに、社名もピーエスウィンにしようか。。。

※若干、脚色してあります。

テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック