スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円売り市場介入
市場介入により、円が1円以上急落しましたね。

これで、しばらくは安心して円買いする投資家はいなくなるのかな。

なにか、米国経済にマイナスのニュースが出たとしても、77円を突破したら円売り介入されるぞ、という心理がはたらくでしょうね。

とにもかくにも、私自身は77円台でコツコツとドルを買っておりました。

したがって、円売り介入はありがたいことでありましたが、何しろ長期投資のつもりで全て外貨定期預金(6ヶ月元利自動継続)という、かなりガチガチの外貨投資をしておりますので、短期の値動きは我関せずであります。

ちなみに私の場合、ソニー銀行を利用しております。

片道25銭は魅力ですからね。

ただ、あまり円が安くなると、物価への影響が懸念されますね。

ドルを持ちつつ、円安を恐れる…なんだか、為替のジレンマで身動きができません。

円売り介入が遅れたのも、私と同じ心理だったのかも。

日銀や政府を責めてはいけません。



テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。