スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逃げられた!
昨晩の出来事。

携帯電話の着信履歴から18時57分。

ふじみ野市上福岡2丁目の弊社事務所で、やっと一段落ついていた、その時に携帯電話がなりました。

相手は、上場企業の店舗開発担当者の方です。

「これから、社長が物件をみにきて最終決定をさせて頂きます。私は今、現場にきています。」

現場は、弊社事務所から車で20分ほどの場所にあります。

私は即座に現場に行くべきだと判断致しました。

なぜなら、その物件はシャッターを開けて、中の蛍光灯を点けてこそ、その価値が解るからです。

道路面がガラス張りのため、蛍光灯を点けると夜は煌々と、その存在感を示します。

速攻で準備を整えて、現場に急ぎました。

裏道につぐ裏道を縫って。

現場は、某駅から程近いため、駐車に困ります。

そこで、現場から約100mほど離れたコインパーキングに駐車し、現場に走って向かいました。

久々の全速力です。

コインパーキングは、現場の裏手にあたる場所で、現場までの道はかなり暗い細い道です。

私は、革靴ですから、走ると大げさな足音が出ます。

すると、前方を自転車で並走していた男子高校生2人が、私の足音に気がついて振り向きました。

その途端、その2人は顔を見合わせて、自転車のスピードをあげて逃げてしまいました。

確かに、身長188.5cm、体重90㎏のスーツ姿の中年の大男が真っ暗な細い道をドタドタと全速力で、後方から走ってきたら…。

ちょっと、怖いかも。

結局、先方の大企業の社長さんが到着するのと同時くらいに到着できました。

息を切らせた大男の不動産屋。。。失礼じゃなかったかなぁ、とちょっと心配です。
テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。