スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メーター付アルミポンプの葛藤
メーター付アルミポンプのお話。

1年半程前に購入したメーター付アルミポンプ。

IMG_2294.jpg

簡単に言うと、ロードバイクの空気入れです。

これが壊れました。

ロードバイクの多くは仏式(フレンチバルブ)という、ママチャリとは違う形のバルブがついたタイヤになっております。

ロードバイクはかなりの空気圧になるまで空気を注入するため、金具と空気入れの部分に相当な圧がかかります。

今回は、その圧がかかる部分が空気圧に耐えられなくなってしまい、空気が入れられなくなってしまいました。

そこで、購入した大型量販店に行き、部品を取り寄せようとしましたが、自転車担当の店員さんに断られてしまいました。

壊れたら部品は交換できない、とのこと。

私は仕方なく、全く同じ商品の色違い(青)を購入して参りました。

しかし、どうも合点がいきません。

絶対に交換できるはずなんです。だって、簡単に外れるようになっているのですから。。。

そこで、私は新しく購入した空気入れの説明書に書かれていた製造元に電話をしました。

私の勘は正しく、製造元から直送して頂けることがわかりました。

因みにこの空気入れは新品で1900円位です。

部品を取り寄せると・・・部品代650円、送料600円、振込手数料432円。。。

ほぼ新品を購入する金額とかわりません。

一瞬葛藤がありましたが、1年半の間お世話になってきた空気入れ(赤)を捨ててしまうのは気がひけましたので取り寄せることにいたしました。

複雑な気分。

↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
にほんブログ村

↓こちらもお願いします。
上福岡 賃貸 スリーウィン
コメント
この記事へのコメント
アダプターという手も
仏式のバルブを英式に変えられるアダプターの様なものがパーツ売り場を探すとあります。
バルブの長さが長くなってチョット不恰好ですが使えなくはなかったですよ!
2015/02/14(Sat) 07:46 | URL | 岸澤有司 | 【編集
Re: アダプターという手も
岸澤さん
そんな良いものがあるのですか?
探してみます。
2015/02/14(Sat) 16:18 | URL | threewin | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。