スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某賃貸保証会社の破綻・・・その後のやりとり
某賃貸保証会社破綻後、なんの音沙汰も無いので、引き受け会社に電話してみました。

具体的な会社名は全て伏せます。

以下、やりとり。

私「なんの連絡も無いのですが、何か手続きを必要とするのですか?」

先方「実は某社の保証をお引き受けするに当たって、2つの条件がございます。一つは引き続き弊社の代理店となっていただくこと。もう一つは、月に1件は新規保証をお申込み頂くことです。」

私「まず一つ目ですが、引き続き代理店でいることを拒むことイコール保証の継続を見合わせる、ということですが、そうなってくるとこちらに判断の余地があるとお考えですか?」

先方「・・・」

私「もう一つの条件ですが、私はまだ開業して2年も経っていないため、客付けの仲介がほとんどです。そういった場合でも、保証は受けて頂けないのですか?」

先方「それは、あくまでも努力目標ということでお願いしています。」

私「結局、保証は引き継いで頂けるのですか?」

先方「はい、書類を送付させて頂きますので、そちらに賃借人と賃貸人の署名押印を頂くことになります。その書類が弊社に返送された翌月から保証を承継させて頂くことになります。」

私「それではお願いします。」

・・・というやりとりがありましたが、私は内心(おいおい、こちらから電話をしなかったら、どうなってたんだよ!)と少し不信感を持ちました。

人の信用を保証する会社ですから、そのあたりのことをキッチリしないといけないような気がしますよ。

少し不安になったのでありました。

でも、引き受けて貰えそうなので感謝です。よろしくお願いしますね。

↓クリックをお願い致します。
にほんブログ村 企業ブログ 不動産業へ
テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。