スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショックな出来事
昨日、大変にショックな出来事がございました。

珍しく事務所にて、関係各所に電話をしておりました。

コードレスの子機を右手で耳にあて、左手の親指を腰のベルトに引っ掛けて、事務所入口のガラス戸を見るとも無しにみながら、ほぼ直立の姿勢にて相手先と会話をしておりました。

すると、若いアベックが弊社事務所の入口のところで「ここの不動産屋さん、よさそじゃね矢印

矢印は今風の語尾が上がる感じの話し方です。

私は内心(おお!やはり、物件図面をベタベタと入口に貼る不動産会社よりも、弊社のように中がみえる不動産会社の方が入りやすいのだなぁ)と喜んでおりました。

しかし、この若いアベックさんたちは、私の姿をみるなり「なんか、コワソジャネ矢印」とおっしゃりながら、弊社をやり過ごしてしまったのでありました。しかも、なぜか爆笑しながら・・・。

身長188.5cm、体重85㎏の巨漢である私の弱点が出てしまった一瞬でありました。

こればかりは、営業努力ではどうにもなりません。。。

でも、弊社管理物件の問い合わせが2件入り、成約できそうな勢いなので、すぐに元気になったのでありました。

事務所ではなるべく座っていよう・・・と考えたのでありました。

座高は低いですからね。(自慢)


テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。