スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧友が電話をくれたり、遊びに来てくれたり・・・
昨夜23時頃に携帯電話が鳴りました。

「マンションを買いたいんですけど。お金ならいくらでもあります。」

いたずらだな、と思いながらも丁寧に対応していると、

「覚えている?中学校の時の同級生の○○だよ。」

「あー」と私。

どうやら、別の友人から私の電話番号を聞いたようでした。

でも、どちらかというと中学生時代の彼はかなりヤンチャな部類(おそらく一番ヤンチャ)の人だったのでビックリしました。

当時は、同じクラスとはいえ、あまり交流が無かったんですね。私は真面目だったし。

電話の向こうで彼はかなり懐かしそうに、そして親しげに話しかけてくれているのに、私はなんとなくヨソヨソシくなってしまいました。
周囲から「人見知りの不動産屋なんてみたことない」と揶揄される私です。

話をきいていると、どうやら彼も都内で不動産関係の仕事についているらしいのです。

話をしていて考えたのは「やっぱり不動産屋って、これくらいのマシンガントークができないといけないのかな。。。」ということでした。

翌日(本日ですね)夕方になって、昨晩のヤンチャな彼に電話番号を教えた友人が遊びに来ました。

「懐かしがってたよ。今度、みんなで会おうよ。」

私は内心、人見知りの癖が出て断りそうになりましたが、せっかくのお誘いなので、「是非」と応えたのでありました。

社交辞令だけど。。。久々に会ったら人見知ってしまうでしょうから。

大勢ならいいかな。端っこにいるので。

できればランチで。

お酒は呑めませんので。よろしく。

テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。