スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会話のオチ
年末年始のお休みで自宅に居ると子供との会話がはずみます。

(「年末年始のお休み」といっても今、残務整理のために出社して事務所でブログの更新をしているのですが・・・)

子供との会話でもやはり、一つの「区切り」をつけて、できればワンセンテンスを笑って区切りたいと考えます。

したがって、お互いに頭を使いながら会話をします。

以下、昨夜の会話。忘れないうちに公開しておきます。

■薬物中毒患者のニュースを観て

テレビで、「今年は芸能人をはじめとした様々な人達が薬物を乱用して逮捕された。」という特番を放送しておりました。

普通であれば、子供に対して問題提起をするのが模範的な親なのでしょうが、ここで私は以下のような会話でオトしてみました。因みに子供は小学校6年生です。(長男は完全に思春期に突入してしまったため、殆ど相手にしてくれません。)

私「覚醒剤みたいな薬物を乱用すると、最後には精神がおかしくなってしまい、最後に現実と幻覚の区別がつかなくなってしまうんだよ。絶対に麻薬に手を出してはいけないんだよ。」

子「わかってるよ。そんなこと。」

私「ところで、問題です。人種差別問題にもなるような区別の仕方で、白人、黒人、黄色人種という区別の仕方がありますが、薬物中毒で精神が錯乱してしまった人達は、この区別の仕方でいうと「何人」になるでしょうか。」

子「中毒人?」(中国人とかけているらしい)

私「ウマいけど、問題を良く聴いて下さい。チッ、チッ・・・時間切れです。」
 「答えは、灰人(廃人)です。」

子「ウマい!」

■私の鼻の頭が少し割れているのを子供に指摘された時

私の鼻の頭は微妙に割れています。よく顎が割れている外人をみますが、私は鼻の頭が割れています。(良くみないとわからないていどですが。)

子「お父さんの鼻の頭は割れているけど、僕にも遺伝してしまうのかなぁ?嫌だなぁ。」

私「鼻の頭が割れているのは、昔から自分の存在を認識できる人間だという証拠になっているんだよ。」

子「嘘だね!」

私「我(割れ)思うゆえに、我(我)あり。」

子「意味がわかんねぇ。だけどウマい。」

テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
立川で不動産業を営んでいるものです。

不景気ですがお互いがんばりましょう!
また覗かせて頂きます(^^)
2010/02/25(Thu) 01:09 | URL | 立川賃貸 | 【編集
Re: タイトルなし
ありがとうございます。
ホームページを拝見しました。
かなり立派なホームページですね。
素晴らしい。

色々と教えてください。
今後ともよろしくお願い致します。
2010/03/01(Mon) 19:41 | URL | threewin | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。