スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワイドショーにおける「いじめ報道」
「いじめ」は悪いことです。

これは、大前提です。

しかし、「いじめの舞台となった学校」をワイドショーが裁くのはいかがなものか。

ワイドショーの姿勢って、「私が悪いと思うから悪い。あなたもそう思うでしょう?」の押し売りが多い気がします。

確かに司会者やコメンテーターがおっしゃることはもっともです。

そう思います。

だけど、私とかあなたがそれを裁くべきなのでしょうか?

謝罪会見まで開いて、頭を下げている人たちに対して、(たとえ、その人たちに責任があるとしても)、ワイドショーの司会者やコメンテーターが「責任は○○にある!」と言ってズバッと裁く。。。面白いけど怖い。

「責任は○○にある!」と言われた人たちは、社会的な「いじめ」の被害者になることもありえると思います。

万が一、ワイドショーにつるし上げられた人が「ワイドショー司会者○○の私に対する叱責はごもっともです。その責任をとります」といって命を絶ってしまったら、どうするのでしょう。。。

たぶん、こういうでしょう。

「では、次はお天気のコーナーです。」

多分だけど。

テーマ:ビジネス
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。